株式投資力向上プロジェクト 株式トレードセクターサイクロン

証券ディーラー山本伸一のノウハウを毎日お届け。

株式評論家・山本伸一の【今日の伸びイチ!】

◎購読は簡単! メールアドレスを入力して送信するだけ!

無料購読

購読申込はメールアドレスをご入力の上「無料購読」ボタンをクリックしてください。折り返し、グロースアドバイザーズよりメールが届きます。株式投資を楽しく、着実に!! ぜひ、毎日のグロースアドバイザーズ無料メール「山本伸一の【今日の伸びイチ!】」をご愛読ください。

購読特典! 株式投資で利益を得るための【投資戦略レポート】無料進呈!

メルマガとの相乗効果で投資力UP! 投資戦略レポート例

  • 買いと売りの両方で利益を出す・証券ディーラーの投資戦略
  • 反騰相場に乗り遅れない! 出遅れ好業績銘柄の見つけ方
  • 理論株価のカラクリに迫る!
  • 3パターンの相場で稼ぐ! 空売りピンポイント投資術
  • プロディーラーが極秘伝授! 売られすぎ銘柄のリバウンドで儲ける! ハイパー・リバウンド投資術 他

◎レポートゲットは簡単! メールアドレスを入力して送信するだけ!

無料購読

寄付き前の8時50分に板情報チェック!! 寄付き後に上昇する銘柄を、成り行きで買って、すぐに指値と逆指値。  あとは相場を離れてかまいません。

大勝ち、大負けを繰り返しては継続的に資産を増やすことはできません。
大負けを避けながら、コツコツと利益を重ねる。
これが「最後に笑う」投資手法です。

 

株式トレード セクターサイクロン まずは、そのトレードの概要をご覧ください。

Step.1

株式市場の業種別指標ランキングをチェックします。
トレード対象となる業種から買い銘柄、売り銘柄をスクリーニングします。マニュアルに従い、 買い銘柄、空売り銘柄を絞り込みます。

銘柄数は資金量に応じて調整可能です。資金の少ない方は「買い」「売り」とも1銘柄ずつでも実戦可能です。

東京証券取引所ホームページ

※画像は東京証券取引所のホームページ
http://www.tse.or.jp/market/STATISTICS/06.html
に記載されている「業種別株価指数(33業種)」のページです。
他にもYahooファイナンスなどの株式情報サイトや、各証券会社にて業種別株価指数のランキングを公開しています。

 

Step.2

引成で発注します。
多くの投資家の方が買い銘柄なら少しでも安く買い、売り銘柄なら少しでも高く売りたいとお考えでしょうが、複数銘柄を同時にエントリーするためそのような気遣いは無用です。

 

Step.3

保有している銘柄について、「前引け」の「引成」で決済注文を出します。

 

翌日、仮に相場全体が下落しても、売り銘柄による利益が買い銘柄による損失を上回れば利益となります。また、買い銘柄が上昇し、売り銘柄が下落して両方で利益を獲れる日もあります。

そのような短期上昇期待銘柄と、短期下落期待銘柄を大引け前に抽出してエントリーし翌日に決済することで、リスクをコントロールしながら短期回転売買を行う。

それが「株式トレード セクターサイクロン」です。

翌日の利益発生パターンの例

上記はあくまで仮定の話ですが、「上昇する可能性の高い銘柄」と「下落する可能性の高い銘柄」では、相場全体が下落したときに後者がより大きく下落する可能性が高く、 逆に相場全体が上昇したときは前者がより大きく上昇する可能性が高いものです。

この1日1%から2%の利回りの例。少ないとお感じになりますか?実際に株式やFXなどの投資を行った方であれば、1日1%の利益を出し続けることの難しさを実感していることと思います。

あくまで仮定ですが、1日1%という利回りは、200日間を複利で運用すれば約10倍になる数字です。投資により利益で元本を増やしていく複利運用は、安定性の高い投資手法でなくては同時にリスクも膨らんでいくことになります。

「買い」ポジションと「空売り」ポジションを同時に持つペアトレードは、例えばリーマン・ショックのような相場全体が1日に10%も下げてしまうような暴落に見舞われても、空売り銘柄で大きな利益をあげることによって損益を相殺してリスクを回避することが可能です。

その上で、「相場全体の上昇」「相場全体の下落」に遭遇しても、差し引きで、しかも短期に利益をあげる可能性を追求したのが、今回の「株式トレード セクターサイクロン」となります。

多くの個人投資家の方は「翌日値上がる可能性のある銘柄」を必死に探していることでしょう。
もちろんそのこと自体は間違いではありません。

しかし、必死に探し出して確信を持って保有した銘柄でも、日経平均全体の下げには逆らえず下げてしまったという経験はありませんか。

この「上昇期待銘柄を買い」「下落期待銘柄を売る」ということでリスクを減らし、ときには両得を狙うという考え方は「サヤ取り」というひとつの投資手法として有名です。

しかし、今回ご案内する「株式トレード セクターサイクロン」は、単に「騰がりそうな銘柄」「下がりそうな銘柄」を見つけ出すというものではありません。

相対的に「比較的騰がる可能性の高い銘柄」「比較的下がる可能性の高い銘柄」を見つけ続けるための、ポイントがあるのです。

以下は、4月30日から6月14日までの、業種別株価指数ランキングの上位3業種と下位3業種を表にしたものです。

相場を牽引する主役は日々入れ替わる

上記の期間中、33業種すべてが値上がった日は2日、値下がった日は3日。他の23日は日々、値上がる業種と値下がる業種があったのです。

そしてその間業種別騰落ランキングで2日続けて上昇率上位3業種にはいった業種はごく稀です。むしろ、前日に上昇率ランキングで上昇率上位にランクされた業種は、むしろ翌営業日は上昇率下位にランクされることさえあります。た業種が翌日も強く上昇するわけではない。むしろ相場をけん引する主役は入れ替わる」ということです。

相場を牽引する主役は日々入れ替わる

 

このことからも、短期で利益を上げたいと願うならば、上昇した業種・銘柄を翌日に買うことはあまり魅力のないことだということがご理解いただけると思います。

一方、日々の騰落率ランキング下位の業種が、翌日も下位にあることもほぼありません。

 

上昇期待銘柄を下落セクターから選び 下落期待銘柄を上昇セクターから選ぶ

これが、この「株式トレード セクターサイクロン」の手法の根幹となります。

つまり、前日に上昇したセクターと下落したセクターでは、前日に下落したセクターのほうが比較的上昇率が高くなる、または下落相場でも下落率が低くなるという特性を、トレードに活かすことになります。

そして前述したように、全33業種すべてが上昇、または下落する確率はけっして高くありません。

そのため、上昇セクターから「空売り」銘柄を選び、下落セクターから「買い」銘柄を選ぶことによって、「空売り」銘柄の下落と、「買い」銘柄の上昇の両方を手にする可能性があるのです。

また、「買い」銘柄と「空売り」銘柄が両方とも上昇したときでも、「買い」銘柄のほうが比較的「空売り」銘柄よりも上昇率が高く、また両方とも下落したときは「空売り」銘柄のほうが「買い」銘柄よりも下落率が高くなる傾向があり、そのため損失を相殺し、利益が残る可能性があるのです。

つまり、この投資法は「相場全体が上げても下げても利益を出す可能性」を追求したものなのです。

そして、重要なことは、毎日のようにエントリーチャンスがあるということです。
大引けにエントリーして翌日の前引けに決済するわけですから、その資金で再び当日投資することができます。

個人投資家にとって、資金の回転がよいということは重要です。
一方で、1日中、相場に張り付いてチャートを監視するようなトレードでは、時間効率がよいとはいえません。

本手法は、14時30分に業種別株価指数ランキングを確認することからはじめて、「買い」銘柄、「空売り」銘柄を抽出して「引成」で発注。この間、30分です。そして翌日、前場のうちに保有するポジションすべてに対して前引けに「引成」で決済します。

これにはものの数分もあれば大丈夫です。
併せて、1日に30数分でトレードが完結する時間効率のよさ。それが「株式トレード セクターサイクロン」なのです。

なお、レイバスが販売する株式投資手法「株式トレード 電光石火」は、大引け後のスクリーニングと朝の寄り付き前の監視とエントリーですから、トレードに必要な時間は重なりません。

資金をわけてそれぞれの手法を使い分けたいという方には、両手法とも利用可能となっております。

 
日経平均の騰落に一喜一憂することがなくなりました。

リーマン・ショックで手痛い経験をしてから短期投資中心です。

テクニカルでスクリーニングしてから企業情報を読んで最終的に銘柄を選択し、リスクヘッジのために数銘柄を保有していました。

しかし、利が出た銘柄は利食うものの、含み損となった銘柄を切れずに次第に塩漬け銘柄が溜まっていってしまい・・・。

あらためて短期投資家であるという自覚のもとに、個々の銘柄の騰落に関わらずポジションの評価がプラスである瞬間にすべて決済するというルールを実践しました。

当たり前ですが、この手法にしてからは相場全体が上昇した日は好調です。

しかし、相場全体が下落すれば損ばかり。

ならばと、買いポジションと売りポジションを同時に行うペアトレードに挑戦したのですが、銘柄抽出時間が2倍になってしまい、労多くして利は相殺されて薄くなります。

しかも、一晩かけて選んだ銘柄も、翌朝エントリーしようと思うと窓を開けて上昇していたり下落していたりすると乗ることもできません。

投資手法を見失い、退場も考えていたところに出会ったのがこの「株式トレード セクターサイクロン」でした。

まず興味を持ったのは、買い銘柄、売り銘柄とも、業種でまず絞り込むので銘柄抽出の手間が少ないこと。

また、以前に実践していたサヤ取りペアトレードに比べ、翌日の動きがある程度期待通りであること。

騰がった株は下がり、下がった株は騰がるという株式のごく基本をうまく利用しています。 

最近は朝の寄り付きで日経平均が窓を開けて始まることが多いのですが、おかげで寄り付きと同時に評価益になっていることも珍しくありません。

マニュアルでは前引け決済となっていますが、それは遅くとも前引けには決済しましょうという意味ととらえ、利がでている瞬間に決済しています。

サヤを獲るだけではなく両ポジションで利益になる日もあり、テンションがあがりますね。

レイバスの株式商材を利用するのはこれが二つ目ですが、毎日コツコツと運用する資産はセクターサイクロンを続けながら、電光石火で狙いを定めて1トレードで数%獲るという投資スタイルを実践しています。

セクターサイクロンはとにかく負けにくい手法なので、増やした資産をつぎ込みやすいので、複利で増やしていけるという夢があります。

リスクの高い手法では、どうしても元本を増やすことに躊躇してしまいますからね。

コツコツドボンで資金が増えない人は、ぜひ「セクターサイクロン」を試してみることをお勧めします。

 

銘柄に惚れるな。

個別銘柄投資のだいご味は、自分が分析し抜いた銘柄が期待通り上昇することだと考えていました。

四季報CD-ROMでキャッシュフローや自己資本比率、利益率など、さまざまなファンダメンタル条件でスクリーニングし、期待を込めて保有します。

企業の本来の価値を分析して投資する。

自分こそは投機家ではなく投資家であると誇りを持っていました。

しかし、そのような銘柄でさえ、リーマン・ショックのような経済危機にあっては暴落しますし、日経平均が下がる日には下がるわけです。

一方で、業績不振と読んでいた企業が「それほど悪くはない」ということであれば、株価はするすると騰がっていきます。

結局、独歩高になるような銘柄は、誰でも手に入る情報をひねりまわしていてはむしろ掴むことはできなかったのです。

しかし、仮にも「投資家」を自認していたプライドからか、空売りに適した銘柄を見つけることもできず、日経平均の下落局面では本当にお手上げでした。

どのような相場でも勝てるようになるためには買いと売りの両方をバランスよく行わなければならないことは頭では分かっているのですが、日経平均が騰がると見れば買いポジションだけになり、下がると見れば売りポジションばかりになる。

しかし、それでは勝てないのです。

だって、日経平均の上げ下げを完璧に予測できるわけではないのです。

結局、私の場合、株に対するプライドが邪魔をしていたのだと思います。

「株式トレード セクターサイクロン」を読んで最初に思ったのは「えっ?次の日に騰がるか下がるかってそんな単純なことだったの?」というものです。

それまで必死に分析していた努力を否定されたようで最初は不愉快でした。

しかし、読めば読むほど悔しいほどに理にかなっています。

個人投資家が個別株の市場からの当日の注目度を予測するのは困難です。

ただ確かなことは、市場は次から次へと銘柄を物色しているということ。

次に物色される銘柄は、直近で物色されていない銘柄であるということ。

そして、当日注目されるセクターは外部環境の変化によって変わるということ。

当たり前の話ですが、ごく短期に結果を出すためには最重視しなければならないポイントでした。

このことを教えてもらってからは銘柄選びが肩の荷が降りたように楽になりました。

考えるのは、明日騰がりやすいか騰がりにくいか、それだけです。

買いポジションと売りポジションを同時に行うので翌日の相場が上げても下げても影響は少ないし、なによりも自分が大引け前に見つけてエントリーした銘柄を多くの投資家が引け後に気づいて翌朝にエントリーしてくるのですから、その瞬間に勝負に勝ったようなものです。

かつては銘柄分析に固執していた私ですが、現在の座右の銘は「銘柄に惚れるな」です(笑)。

他の多くの投資家たちの一歩先にポジションを持つ快感は、癖になりますね。

毎日、枕を高くして寝ていますよ。

 

これまで、株式投資で勝つことができず
何を頼りに投資をしてよいのか分からなくなった方へ

いまこそ、反撃のときです。

株式トレード セクターサイクロンはこんな方にお勧めします。

一方で、株式投資で、「明日の上昇率1位の銘柄を買いたい」「急騰株に瞬時に気づいて飛び乗って利益を上げたい」などという理想を持っている方には向かない手法です。極論すれば、この手法にロマンを求めないでください。毎日ルールを守って投資することが快感になる。そんな方のご参加をお待ちしています。

もちろん、レイバスに参加するアナリスト、トレーダー陣にとって、この「株式トレードセクターサイクロン」がトレード手法のすべてではありません。個別株を独自の視点で分析し、ポジショントレードを行っています。

しかし、シンプルに、リスクが少なく、そして再現性のある手法で個人投資家の方々をストレスと損失から解放するという重要な目的のために、今回、この「株式トレード セクターサイクロン」をリリースしました。

株式投資をしていて、一夜明けたらポジションがすべて評価損になっていた、そんな経験をしたことはありませんか?

そして、多くの個人投資家のメンタリティとして、他人が買い上がった株に安心感を覚えて買い、そして下落した株に続落の危険を感じて売るというものがあります。

あらためて、「上昇した株は次には売られやすく、出遅れた株は次には買われやすい」という株式の本質に則り、毎日ルールを守ってトレードすることで「さんざん銘柄を選んでいるのに売買タイミングやメンタルの問題で利益が上げられない方」に、シンプルなルールで利を上げることの大切さを手にしていただきたいと願っています。

時間効率のよい手法ですので、この「株式トレード セクターサイクロン」をメインの手法として副業トレーダーを続けていただくことも可能ですし、また、「妥当性のあるルールをきっちり守ることの重要さ」を再認識し、今後、トレード手法を増やしていく上でも、期待と予断だけでトレードしてしまうことのない投資家としての重要な素養を手にしていただければと願っております。

あらためて、本手法の根幹をお話ししましょう。

先に、相場のけん引役は日替わりであり、それぞれの業種ごとに外部要因に対する反応はまちまちであることをお話ししました。

そのことを、いくつかのチャートを使ってお話しましょう。

パルプ・紙 日足チャート

ご覧の通り、日経平均は4月5日の高値11408円を天井に、5月27日の安値9395円まで、17.6%下落しました。

多くの個人投資家が含み益を失うか、さらには評価損を膨らませた魔の五月相場でしたが、じつはこの期間、すべての銘柄が同様に値を下げたわけではありません。

さらには、すべての業種が日経平均と同様に値を下げたわけではありません。

例えば、次にご覧に入れるチャートは、「パルプ・紙」セクター、「石油・石炭」セクターの株価指数です。

パルプ・紙 日足チャート

パルプ・紙セクターは日経平均がこの期間中のピークとなった4月5日以降も株価を上げ、5月18日に年初来高値を付けました。6月10日の終値も、日経平均のピークとなった4月5日の高値を上回っています。

石油・石炭 日足チャート

石油・石炭セクターは4月15日に年初来高値を付け、また日経平均が大きく下げた5月も5月13日に高値を付けています。

倉庫・運輸 日足チャート

倉庫・運輸セクターは、4月30日年初来高値を付けています。

他にも

ゴム製品

ゴム製品は5月13日に年初来高値を付けています。

いかがですか?日経平均が2カ月かけて17%も下げたような下落相場でも、日経平均と逆行する業種があり、そしてその株価のピークも異なっています。

日本最大の企業のひとつ、トヨタ自動車は「輸送機器」セクターにはいっていますが、こちらの業種の企業の多くは輸出産業です。

円安になれば海外で日本車の価格競争力が増してより多く売れるようになりますし、海外で稼いだ外貨を日本円に換金する際に、より多くの日本円に換えることができ、業績がよりよくなります。

そのため、円安になると自動車メーカーの業績が良くなると期待した買いがはいります。

一方、「ゴム製品」「石油・石炭」「パルプ・紙」は、その原材料のほとんどを海外からの輸入に頼っています。

円安になると同じ量の原材料を輸入するのにより多くの日本円が必要となり、業績を悪化させます。

他にも、東京株式市場第一部には1,674社の株式が上場しており、33業種に分類されています。そして、それらの業種や企業や、その値動きの要因からいくつかのグループに分類されています。

33業種のグループ分け

・内需関連株
 ⇒事業基盤が日本国内にあり国内景気の変動の影響が強い企業です。海外の景気変動などの影響を受けにくい傾向があります。

・輸出関連株
 ⇒海外向け輸出が多い企業で、海外の景気動向や為替変動に影響を受けやすい傾向があります。

・消費関連株
 ⇒消費者向けの事業を行っている企業で、個人消費動向に業績が左右されやすい傾向があります。

・金利敏感株
 ⇒金利の変動に業績が影響を受けやすい企業です。借入金比率が高い企業や、金利差を利用して収益を上げる企業があります。

・景気循環株
 ⇒景気がよくなれば売上が増える企業です。景気がよくなったかどうかは中長期的な判断が求められるため、急激な株価変動が少ないのも特徴です。

・ディフェンシブ株
 ⇒景気動向に業績が左右されにくい企業です。不況のときに強い半面、好況になっても業績の急上昇は見込みにくい特徴があります。

・商品市況関連株
 ⇒原油や貴金属、商品市況の変動に大きな影響を受ける企業です。仕入価格や在庫価値の変動など業績に直結する要素が多く、材料に対する急速な株価の反応がみられることが多いのが特徴です。

・資源関連株
 ⇒石油や石炭、金属などの資源の採掘や精製、販売に携わる企業です。新資源の発見や価格の変化に株価は敏感に反応する傾向が強くみられます。

・中国(アジア・新興国)関連株
 ⇒中国やアジア・新興国での売上が大きな企業です。閉そく感が漂う国内市場とは違うダイナミズムが感じられる市場です。

 

次項より、どの業種がどのグループに属するのかを図示します。

業種によってどのグループにも属さないものがあります。

それらの業種は、より個別の材料に反応する可能性が高いといえます。

また逆に、複数のグループに属する業種もあります。

セクター

いかがですか?

株式市場に上場している企業でも、その株価の上昇・下落の要因は様々です。 そのため、日によって上昇する業種もあれば、下落する業種もあります。 ただし、明日の外部要因を予測する必要はありません。

確かに、円安になれば買われる業種と売られる業種が存在します。しかし、明日、円安になるか円高を予測する必要はありません。

重要なのは、「業種ごとに買われる要因、売られる要因は様々で、株価の動きは業種ごとに特性があり、全業種が一様に上昇・下落するわけではない」ということです。

そして、もうひとつ重要なことは、どのような業種であれ、株価指数が一方的に上昇し続けるということはないのです。利益が出れば売って利益を確定しようとしますし、また下落すると見れば空売りを行い、株価が下がることで利益を上げようとする投資家も存在します。

ここでも、下がることで利益を得た投資家は売っている株を買い戻すことで利益を確定しますから、株価の下落を止める作用があります。

どのような株でも一方的に上昇、または下落し続けることはなく、上昇と下落を繰り返すことになります。これは、株価全体、すなわち日経平均が右肩上がりであっても同じです。そして、その上下に変動するタイミングはすべての株が一緒に動くわけではありません。

例えば日経平均が上昇する日にすべての銘柄の株価が上がり、また日経平均が下落する日にすべての銘柄の株価が下がるというものではないのです。毎日相場をチェックしている方ならお分かりのように、毎日の相場は上昇する銘柄があれば下落する銘柄があります。

とくに短期資金には、「循環物色」といって株価が上昇して過熱感の出た業種の株から、株価が出遅れた業種の株へと流れる性質があります。翌日の外的要因、そしてランキングを予測する必要はありません。

相場のけん引役は日替わりで現れるため、前日のランキング上位銘柄は必ずしも翌日も上位に位置づけるわけではないということがご理解いただければ大丈夫です。

以上を踏まえたうえで、あらためて「株式トレード セクターサイクロン」のトレード手順をご覧ください。

株式トレード セクターサイクロン まずは、そのトレードの概要をご覧ください。

Step.1

株式市場の業種別指標ランキングをチェックします。
トレード対象となる業種から買い銘柄、売り銘柄をスクリーニングします。マニュアルに従い、 買い銘柄、空売り銘柄を絞り込みます。

銘柄数は資金量に応じて調整可能です。資金の少ない方は「買い」「売り」とも1銘柄ずつでも実戦可能です。

東京証券取引所ホームページ

※画像は東京証券取引所のホームページ
http://www.tse.or.jp/market/STATISTICS/06.html
に記載されている「業種別株価指数(33業種)」のページです。
他にもYahooファイナンスなどの株式情報サイトや、各証券会社にて業種別株価指数のランキングを公開しています。

 

Step.2

引成で発注します。
多くの投資家の方が買い銘柄なら少しでも安く買い、売り銘柄なら少しでも高く売りたいとお考えでしょうが、複数銘柄を同時にエントリーするためそのような気遣いは無用です。

 

Step.3

保有している銘柄について、「前引け」の「引成」で決済注文を出します。

となります。前日に上昇した業種が下落し、前日に下落した業種が上昇すれば両方のポジションで利益が生まれますし、両方のポジションが上昇した場合は、損失と利益が相殺されますからリスクは限定的ですし、もともとポジションを持つ時点で「より買われやすい銘柄」を買い、「より売られやすい銘柄」を売っているため、空売り銘柄が上昇することによって被った損失を、買い銘柄が上昇して得られた利益が上回る可能性があります。

そして、相場全体が急落した場合も同様です。

買い銘柄が下落することよって被った損失を、空売り銘柄が下落して得られた利益が上回る可能性があります。

本手法のメリットをあらためてご説明します。

メリット

となります。

確かに、投資資金を1カ月で10倍にできるような手法ではありません。かなり堅実な手法です。

しかし、株式投資を行ったことのある方の多くは、すでにお気づきのはずです。

「負けないことがいかに重要か」ということを。

負ける可能性を極力排していけば、資産は増加していきます。

シンプルなルールと、わずかな時間を費やす努力。

これにより、あなたの投資観は劇的にかわることでしょう。

 

株式トレード セクターサイクロン

株式トレード セクターサイクロン

株式トレード セクターサイクロン

PDF版お申し込みページ


お支払い方法

以前にインフォトップをご利用された方は、前回ご利用された際のメールアドレスとパスワードをご入力いただくだけで、ご購入が可能です。

初めてご利用される場合は、お手数ですが、住所・氏名などのお客様情報をご登録の上、お申し込みください。


本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも著者と同様の利益や効果を保証したものではございません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

株式評論家・山本伸一の【今日の伸びイチ!】

◎購読は簡単! メールアドレスを入力して送信するだけ!

無料購読

購読申込はメールアドレスをご入力の上「無料購読」ボタンをクリックしてください。折り返し、グロースアドバイザーズよりメールが届きます。株式投資を楽しく、着実に!! ぜひ、毎日のグロースアドバイザーズ無料メール「山本伸一の【今日の伸びイチ!】」をご愛読ください。

購読特典! 株式投資で利益を得るための【投資戦略レポート】無料進呈!

メルマガとの相乗効果で投資力UP! 投資戦略レポート例

  • 買いと売りの両方で利益を出す・証券ディーラーの投資戦略
  • 反騰相場に乗り遅れない! 出遅れ好業績銘柄の見つけ方
  • 理論株価のカラクリに迫る!
  • 3パターンの相場で稼ぐ! 空売りピンポイント投資術
  • プロディーラーが極秘伝授! 売られすぎ銘柄のリバウンドで儲ける! ハイパー・リバウンド投資術 他

◎レポートゲットは簡単! メールアドレスを入力して送信するだけ!

無料購読

最後に

早いもので、レイバスが企画・制作した投資マニュアルも12作目となりました。

多くの投資家にとって盲点となっている投資の本質に着目し、論理的裏付けとともに検証して公開するという姿勢を貫き通してきました。

おかげ様で、レイバスの投資マニュアルは多くのリピーターの皆様によって支えられています。わずかな時間で銘柄にたどり着ける実践的な投資手法を確立するという大命題に向けて、総力を結集しました。

とくに、ほぼ毎日のようにエントリー可能で、かつ翌日の日経平均が窓空けで上昇しても下落しても利幅が期待できるという満足できる投資手法を確立することができました。

14:30から15:00の30分を費やす一方で、大引け後の作業はありませんので、他の多くの投資手法と両立して実践することが可能となっています。

多くの個人投資家が投資で勝てないという現実は、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析というのが、じつは決して勝率の高いものではなく、かつ多くの投資家が売買タイミングやメンタル面を適切にコントロールできていないという現実があります。

実際に、勝てない個人投資家の方のトレードを拝見していると、エントリータイミングは他の投資家の後手に回る一方、「少しでも高く売りたい」という欲に振り回され、売り時を逃してしまうなどメンタルコントロールできずに勝ちを逃している場合が多いのです。

そのため、今回はエントリーと決済を「引成」で行うことにより、より均一な条件で取り組める手法へと仕上げました。

株式市場で戦う相手は他の参加者である一方、己自身との戦いでもあります。
今回の手法は「銘柄にこだわらない」「ルール通りに坦々とトレードをこなす」ということを求められるトレードです。

このシンプルな手法を着実に実践することで、欲や期待に振り回される自分から解放されて、投資家として必要な心理状態を手にしていただけることを願っています。

 

 

レイバス企画室一同

 

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも著者と同様の利益や効果を保証したものではございません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。